ここから本文です

小出恵介「Oh…」「Yes…」“絶叫性癖”自宅でHのグラドルが証言

6/11(日) 11:00配信

東スポWeb

 17歳の少女に酒を飲ませて性行為をし、所属事務所から無期限活動停止を言い渡された俳優の小出恵介(33)の奇妙・チン妙すぎる性癖が明らかになった。本紙は小出に“お持ち帰り”されて一夜をともにしたグラドルAの証言を入手。Aによると小出は超のつくナルシシストのうえ、ベッドで果てるその瞬間、なんと洋モノAV男優よろしく英語で絶叫したというからオドロキだ。

 小出は自分の知名度を存分に生かし、業界歴の浅いグラビアアイドルや読者モデルを手当たり次第に“上から”ナンパしていたという。

 本紙は、匿名を条件に昨年夏にお持ち帰りされたグラドルAとの接触に成功した。

 Aがナンパされたのは若者に人気の街・恵比寿のバー。女友達と飲んでいたところ、小出がそのバーに1人でふらっと現れたという。

「どこかで飲んでたみたいで、少し酔っぱらってた。ウチらもびっくりしたし、正直、その時はうれしかった」とAは振り返った。

 Aらを見つけた小出はそばにやって来て「オレ、小出だけど。一緒に飲もうよ!」と本紙昨報どおり、いつものナンパ口調で声を掛けてきた。Aと友人、そして小出はすぐさま意気投合。

 飲むうちに場は盛り上がり、調子に乗った小出はAに「俺のウチで飲み直そうよ」と誘った。

 予想された展開にAは「正直、ちょっと軽いかなとも思ったけど、小出君ぐらいのイケメン俳優に声を掛けられて、ついて行かない女の子はいないですよ」と、こちらは“合意”でOKしたという。

 バーを出た2人は駅前でタクシーを拾い、それほど遠くない、芸能人も多く住んでいるエリアにある小出の自宅に向かった。

 部屋に入るなりAは、衝撃の“小出ワールド”を見てしまった。部屋の中には数枚の全身鏡が置かれており、小出の自画像まで。もはや部屋中丸ごと「小出恵介」であふれていたという。

「さすがにちょっと引きましたけど、まあ、カッコイイからしょうがないかな、と思って。相当、自分のことが大好きで、自信があるんだろうなと思った」とAは、そのハンパじゃないナルシシストぶりを明かす。

 やがてベッドでコトに及んだが、そこでもAはとんでもないカルチャーショックを受けた。

 帰国子女で英語が堪能な小出は、あの最中の感じている時の声が、なんと英語だったというから驚くしかない。

「Oh…」「Yes…」「I’m coming!! comin’!!」

 なんとフィニッシュのときまで小出は、英語で絶叫していたという。カッコつけなのか、あるいは外国人女性との経験が多すぎて習慣になっていたのか。こうなると、日本の実力派俳優というより、むしろ洋モノのAV男優だろう。

「マジでびっくりしました!! だけど、顔がカッコイイいいから、ちょっとサマにはなってた。でも、これは相当、連れ込み慣れてるんだろうな~とは思いました」と明かした。

 この奇妙すぎるベッドでの“絶頂英語”は、Aの時に限ったことではないようだ。

「友達からも似たような話を聞きます。小出君のベッドの上での話やナンパの話は有名でした」

 やはり小出の性癖なのだろう。

 Aを連れ込んだ自宅周辺でも、小出の“チャラ男”ぶりは有名だった。

 周辺住民によれば「某有名コーヒーチェーン店でよく姿を見た。ヘアバンドとかしてて、すごいチャラい感じで遊んでそうだったけど、今回の報道が出て、納得した」と近所でも有名人だったという。

 大型の鏡や自画像に囲まれたベッドで、英語でヨガる小出…なんとも奇妙で不思議な性癖としか言いようがない。相手が大人の女性ならば「超個性派俳優」で笑って済まされたかもしれないが――。

最終更新:6/11(日) 11:00
東スポWeb