ここから本文です

ケンドリック・ラマー、ファレル、トラヴィス・スコットら参加 SZAが待望のデビュー作を発売

6/11(日) 21:50配信

bmr.jp

ケンドリック・ラマー、ファレル、トラヴィス・スコットら参加 SZAが待望のデビュー作を発売

ケンドリック・ラマー、ファレル、トラヴィス・スコットら参加 SZAが待望のデビュー作を発売

リアーナが昨年発表した最新作『ANTI』のオープニングを飾る“Consideration”にフィーチャーされたことも話題になった女性R&BシンガーのSZA(シザ)が、待望のデビュー・アルバム『CTRL』を9日に発売した。

2012年に『See.SZA.Run』、2013年4月に『S』と無料EPを自主リリースし、リトル・ドラゴンの前座を務めるなどその気怠いエレクトロニックな音楽性でインディ・ソウル・ファンから注目されたSZAは、同年7月、ケンドリック・ラマーらを抱えることで知られるTDE (Top Dawg Entertainment)と契約。TDE初の女性アーティスト/シンガーとして脚光を浴びた。

2014年には1月にアイゼイア・ラシャドの『Clivia Demo』、2月には全米チャート初登場1位となったアブ・ソウルの『Oxymoron』とTDE勢の作品に参加したSZAは、同年4月にTDEデビュー作となるEP『Z』を発売。チャンス・ザ・ラッパーやケンドリック・ラマー、またラリー・フィッシャーマンことマック・ミラー、さらにトロ・イ・モワまで参加した同作は、VIBEの年間ベストで36位になるなど高く評価される。

その後も、ウィル・スミスの愛娘ウィロウ・スミスに「姉のような存在」と慕われ、リアーナ『ANTI』のオープニングを飾る“Consideration”でフィーチャーされたほか、様々な作品に参加してきたものの、一向にアルバム・リリースに至ることのなかったSZA。昨年10月には、後に削除されるものの、「(アルバムは)社長が気に入ってくれたらリリースできるかもね」と投げやりなツイートをするなどTDEとの関係悪化が憂慮され、今年1月になって、ようやくアルバムからのリード曲“Drew Barrymore”が発表され、デビュー・アルバム『CTRL』は2月3日発売になるとアナウンスされたものの、これも延期。発売が危ぶまれたが、4月末になって、SZAがRCA Recordsとのメジャー契約を獲得したことが発表され、さらに5月になって、自身のアーティスト名の由来となった、ウータン・クランのRZAのナレーションによる予告編映像が公開されると共に、ついに『CTRL』の発売が6月9日に決定した。

TDE入りが発表されてからおよそ3年11ヵ月を待つことになったSZAのデビュー・アルバム『CTRL』は、しかし完璧なデビュー作だと評判だ。「以前の私は、『多ければ多いほどいい』という考えだった。リバーブもバックグランド・ボーカルもとにかく増やしていた」というSZAは、しかしアルバムの音源を聴いたリック・ルービンからもっと要素を減らしてスペースを作ったほうがいいとの助言を受けたことに強く影響されたという。こうして長い年月をかけて完成された『CTRL』は、全14曲を収録。“Love Galore”にトラヴィス・スコットが参加しているほか、TDEからケンドリック・ラマーとアイゼイア・ラシャド、そしてジェイムス・フォントルロイがゲストとして迎えられている。

また、オープニングの“Supermodel”の終盤でファレル・ウィリアムスが声で参加し、「夢が叶った」と喜んでいる。制作陣にはチャンス・ザ・ラッパー率いるソーシャル・エクスペリメントの『Surf』やチャンスのグラミー受賞作『Coloring Book』にも参加していたスティックス、キャム・オビ、カーター・ラングらを始め、ケンドリック・ラマーのグラミー受賞作『To Pimp A Butterfly』も手がけたジョセフ・ラインバーグ、さらにケンドリックの大ヒット中の最新作『DAMN』も手がけたベイコンなど、強力な面子が集まり、SZAのデビューをサポートしている。

なお、アルバムが一向にリリースできない状況について所属するTDEを責めた昨年のツイートには反省しているようだ。アルバム発売のためのプロモーションでラジオ番組に出演したSZAは、「子供じみた態度だった」と反省し、「プレッシャーがあった。みんなからの期待にどう向き合えばいいかわからなかった」とコメント。そのツイートをした夜に、TDEのトップやケンドリック・ラマーらとのミーティングを行ったそうで、「何も言わず、私の話を聞いてくれた」と振り返り、サポートしてもらっていると感じることができたと話している。

1. Supermodel
2. Love Galore (feat. Travis Scott)
3. Doves In The Wind (feat. Kendrick Lamar)
4. Drew Barrymore
5. Prom
6. The Weekend
7. Go Gina
8. Garden (Say It Like Dat)
9. Broken Clocks
10. Anything
11. Wavy (Interlude) [feat. James Fauntleroy]
12. Normal Girl
13. Pretty Little Birds (feat. Isaiah Rashad)
14. 20 Something

最終更新:6/26(月) 18:50
bmr.jp