ここから本文です

AKB総選挙、新潟人なら知っている「ご当地至上主義」 NGTメンバー躍進「不思議じゃない」理由

6/13(火) 7:00配信

withnews

 AKB総選挙が17日、沖縄県内で開催されます。5月31日に発表された速報では、新潟を拠点とするNGT48の荻野由佳さん(18)が、5万5061票を獲得して1位と発表されました。前年の地元開催で振るわず、涙を流したNGT勢は今回、「選抜入り」の上位16人に計3人、上位100人に計11人が入る大躍進。その理由を、NGTの誕生から今春まで、新潟で取材していた記者が分析します。(朝日新聞記者・永田篤史)

【写真】オーディション時のあどけない表情、メジャーデビューから荻野由佳の速報1位まで

ゆきりん不在でも、速報で3人が「選抜入り」

 女王はあの時、この状況を予測したでしょうか。2016年6月18日、AKB選抜総選挙の結果発表後の会見。史上初の2連覇を達成したHKT48の指原莉乃さん(24)は、閉幕後にNGTのメンバーが舞台裏で「私たちの結果がふがいなくて悔しい」と泣いていたことを明かした上で、「その思いはいつかまた新潟の皆様に届くと思う。NGTのメンバーにはさらに頑張ってもらいたい」とエールを送っていました。

 指原さんは今回の速報で3位。ツイッターでは、危機感をあらわにした投稿をしていました。

 NGT勢で前年、最終結果で名前が発表される80位以内に入ったのは、5位だったAKB48と兼任の柏木由紀さん(25)、12位だったキャプテンの北原里英さん(25)と、76位で地元新潟市出身の加藤美南さん(18)の3人だけでした。

 柏木さんが不参加の今回、速報で名前が発表されたのは荻野さんと、5位の本間日陽さん(17)、7位の高倉萌香さん(16)、24位の山口真帆さん(21)、31位の宮島亜弥さん(19)、34位の西潟茉莉奈さん(21)、52位の中村歩加さん(18)、83位の中井りかさん(19)、89位の太野彩香さん(19)、92位の北原さん、94位の奈良未遥さん(19)の計11人。うち本間さん、高倉さん、宮島さん、中村さんが新潟県出身です。

苦労人・神対応……それを支えるファンたち

 躍進の理由にはもちろん、本人たちと、彼女たちを支えるファンの努力を外すことはできません。

 4月発売のメジャーデビュー曲「青春時計」を、CDシングル週間ランキング(オリコン調べ)で初登場1位に輝かせました。

 過去のAKBグループのオーディションではなかなか合格できず、NGTでようやくチャンスをつかんだ苦労人の荻野さんは副キャプテン。持ち味の激しいダンスから、一生懸命さが伝わってきます。本間さんは、ファンへの接し方が丁寧なことが知られています。メンバー全員が登場する取材の際、自分には質問が飛ばなくても、帰り際に「ありがとうございました!」と大きな声であいさつする姿に好感を覚える報道陣も少なくありません。

1/2ページ

最終更新:6/13(火) 7:00
withnews