ここから本文です

ラファエル・カブレラ・ベロらが首位で最終日へ 5人が1打差の混戦模様

6/11(日) 10:03配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<フェデックス・セントジュードクラシック 3日目◇10日◇TPCサウスウインド(7,244ヤード・パー70)>

【関連動画】A・スコットのティショットが、あわやホールインワン!

米国男子ツアー「フェデックス・セントジュードクラシック」は第2ラウンドを終了し、ラファエル・カブレラ・ベロ(スペイン)、スチュワート・シンク(米国)、ベン・クレーン(米国)の3人がトータル9アンダーのトップで並んでいる。

トータル8アンダーの4位タイにはチャド・キャンベル(米国)とルーク・リスト(米国)がつけている。またビジェイ・シン(フィジー)らトータル3オーバー以上の選手はMDF(made cut didn’t finish)により最終ラウンドに駒を進めることができなかった。

【3日目の順位】
1位T:ラファエル・カブレラ・ベロ(-9)
1位T:スチュワート・シンク(-9)
1位T:ベン・クレーン(-9)
4位T:チャド・キャンベル(-8)
4位T:ルーク・リスト(-7)

(撮影:GettyImages)<ゴルフ情報ALBA.Net>