ここから本文です

加藤紗里、飼い猫を「ハンドバッグ」で持ち運ぶ  「虐待」批判殺到、獣医の見解は...

6/11(日) 13:30配信

J-CASTニュース

 タレントの加藤紗里さん(26)が飼い猫をハンドバッグに入れて連れ歩く姿がバラエティー番組で放送され、インターネット上で「猫が可哀想」「一種の虐待でしょう」といった批判が相次いでいる。

 はたして、こうした加藤さんのペットの扱いはどれほどの問題なのだろうか。J-CASTニュースが、東京都内の動物病院に勤める獣医の見解を聞くと......。

■「(猫が)さみしそうだった」

 2017年6月10日放送の「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)では、「芸能界CKK(遅刻)総選挙」と題した企画を放送した。AKB48グループ恒例の「選抜総選挙」を模したセットで、「遅刻常習犯」とされる芸能人16人が朝9時のフジテレビ集合に「どれだけ遅れるか」を順位付けするという趣向だ。

 「遅刻常習犯」の一人にエントリーされた加藤さんは、1時間53分遅れの10時53分にスタジオへ到着。全16人のうち2番目に遅い到着となったことを司会者らから問われると、加藤さんは「マネジャーが起こしてくれなかったんで...」と不機嫌そうに話していた。

 さらにこの日の加藤さんは、ペットの猫「シェリー」を連れて来ていた。こうしたシーンを見ていた視聴者が問題視したのは、スタジオに現れた加藤さんが、白い革製のハンドバッグに猫を直接入れていた点だ。

 番組では、加藤さんが自宅を出発してからフジテレビに到着するまでの約20分間の様子を隠しカメラで撮影していた。そのVTRの中で加藤さんは、ペットの移動用ケージを使わずに、ハンドバッグに猫を直接入れたまま連れ歩いていた。加藤さんの飼い猫は、自宅からスタジオまで終始ハンドバッグに入っていたことになる。

 司会のお笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史さん(46)から、「なんで猫を連れてきたの」と問われた加藤さんは、

  「(猫が)さみしそうだったから...」

と説明していた。

1/2ページ

最終更新:6/12(月) 15:53
J-CASTニュース