ここから本文です

【スーパー耐久 第3戦】ST-TCRクラスにフォルクスワーゲンが登場、PPは3戦連続アウディ

6/11(日) 9:59配信

レスポンス

2017年のスーパー耐久第3戦鈴鹿。今年から新導入され注目を集めているST-TCRクラスはNo.45 LIQUI MOLY RS3 LMSがポールポジションを獲得した。

[関連写真]

現在、世界的にも普及をし始めているTCR車両で争われるクラス。昨年までST-XクラスにエントリーしていたAdenauがフォルクスワーゲン『GOLF GTI』で参戦を開始している。本来なら開幕戦から参戦したいところではあったが、マシンのデリバリー等の関係もあり、今回からの参戦。しかも直前にシェイクダウン走行が少しできただけで、ほぼぶっつけ本番だという。それでもホンダ『シビック TypeR』、アウディ『RS3 LMS』らとの三つ巴のバトルに注目が集まった。

しかし、いざ予選が始まると、一発勝負では群を抜いてるNo.45 LIQUI MOLY RS3 LMSが今回も速さをみせ、2番手以下に合計タイムで1.4秒の大差をつけ3戦連続でポールポジションを獲得。Aドライバーを務める田ヶ原章蔵は「ポールポジションはもう十分。とにかく勝ちたいです」とコメント。早くも決勝での勝利に向け意識を向けていた。注目のフォルクスワーゲンは、クラス2番手に入っている。

また開幕2連勝中のホンダ『シビック』勢は、97号車がドライバーを変更。かつてはルマン24時間レースを始め様々なレースで活躍してきた土屋圭市が、14年ぶりに公式戦にエントリー。Aドライバーとして予選アタックを担当した。しかし、ウェイトハンデ等の影響もありクラス3番手に終わり、幸内秀憲と、現在WTCCに参戦中の道上龍とともに決勝での巻き返しを狙う。

《レスポンス 吉田 知弘》

最終更新:6/11(日) 9:59
レスポンス