ここから本文です

魅力的な魔女がスクリーンに登場!『メアリと魔女の花』『キング・アーサー』ほか

6/11(日) 11:00配信

cinemacafe.net

『コードネーム U.N.C.L.E.』『シャーロック・ホームズ』シリーズのガイ・リッチー監督がチャーリー・ハナムを主演に迎えて贈る究極の下剋上エンターテインメント『キング・アーサー』。本作には、ハナム演じるアーサーに関わり、王座を奪還するために手助けをする魔女(魔術師)が登場する。この夏、何かと話題を呼んでいる“魔女映画”に注目してみた。

【写真】『キング・アーサー』の魔術師メイジ(アストリッド・ベルジュ=フリスベ)

まず、今夏公開作として注目を浴びているのが、スタジオジブリ出身の米林宏昌監督による『メアリと魔女の花』(7月8日(土)公開)。何をやってもうまくいかずに不満を抱える11歳の少女・メアリ(声:杉咲花)が禁断の“魔女の花”を持ち帰ったことにより、魔法世界を巻き込んだ大騒動を巻き起こしていく物語。

イギリスの作家メアリー・スチュワートによる児童文学「The Little Broomstick」を原作に、『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』の米林監督がスタジオジブリを退社後、新スタジオ・スタジオポノックから送り出す長編アニメ第1弾。ポスタービジュアルには「魔女、ふたたび」とのコピーがあり、『魔女の宅急便』と雰囲気が似ている点でも話題を呼んでおり、2017年の夏、再び“魔女ブーム”の到来を予感させている。

一方、スラムの売春宿で貧しく生き抜いてきた青年アーサー(チャーリー・ハナム)を主人公にした『キング・アーサー』では、聖剣エクスカリバーを手にしたアーサーは、自らの過去、そして亡き父に代わり王の座を奪還するという運命を知ることに。そんなアーサーの前に魔術師メイジが現れ、彼が王座を奪還する手助けをしていく。

メイジという名の古代魔術を実践する魔術師を演じるのは、『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』(’11)で人魚のシレーナ役に抜擢され、世界中の人々からの注目を集めたアストリッド・ベルジュ=フリスベ。メイジは自分の種族の数少ない生き残りの1人であり、暴君ヴォーティガン(ジュード・ロウ)の権力への渇きと、彼と邪悪な魔術師モルドレッドとの不埒な同盟によって、種族の大半は殺されるか、隠れて生きることを余儀なくされている。ヴォーティガンに虐げられているメイジは、本作でその権力を封じ、アーサーを王にすべく導いていくという。

そんな重要な役どころを演じたアストリッドは、「メイジは、とても子どもっぽくて自己中心的なアーサーを発見します。でも彼女は変わることなく、彼がなるべき王の姿へと変貌させるために、自分がなすべき仕事を黙々とこなしていきます。彼は進化しなくてはならないけれど、1人ではできない。彼女は彼が運命を受け入れる旅の重要な鍵となります」と、自身の役について意味深に語っている。妖しい雰囲気をまとい魔術を用いながら、あるときは主人公を導き、あるときはピンチを救う彼女の姿には酔いしれてしまうこと間違いなし。日本人にとっては、魔女といえば可愛らしいイメージが少なからずあるが、本作のような妖艶でオトナの魔女も必見。

また、製作のトーリー・タネルは「アストリッドが演じるメイジは、この世のものとは思えない素晴らしい雰囲気に包まれています。それがこのキャラクターの謎めいた部分を強調する一方で、動物たちと心を通わす彼女には素朴な人間性さえ感じさせるのです」と、この物語の中でのメイジの必要性を語り、アストリッドの女優としての魅力を手放しで称賛する。「私たちは、これまで見たことがないような方法で、魔術というコンセプトを映像的に押し広げていきたいと考えた」と明かし、本作において魔術のもたらす影響の大きさに触れている。

さらに、2015年のサンダンス映画祭監督賞を受賞し、全米でも大ヒットした新感覚ダーク・ファンタジー・ホラー、その名も『ウィッチ』(7月22日(土)公開)も控えている。敬虔なキリスト教徒一家の赤ん坊サムが何者かに連れ去られ、行方不明となるが、父は美しい愛娘トマシンが魔女ではないかと疑うようになるという物語。主演をM.ナイト・シャマラン監督作『スプリット』や、リドリー・スコットの息子ルーク・スコット監督作『モーガン プロトタイプL-9』で一躍注目を集めたアニヤ・テイラー=ジョイが務めている。

魔女の中にも、神秘的な雰囲気をまとった魔女から、おっちょこちょいの魔女まで、さまざまなタイプが存在する。この夏、映画館で観たいのは、どんな魔女!?

『キング・アーサー』は6月17日(土)より全国にて公開。

最終更新:6/11(日) 11:00
cinemacafe.net