ここから本文です

小出恵介から涙で謝罪も…さんまラジオで明かす「メシ行こか」と声かけるも…

6/11(日) 5:59配信

デイリースポーツ

 タレントの明石家さんま(61)が10日、パーソナリティーを務めるMBSラジオ「ヤングタウン 土曜日」に出演。未成年女性との飲酒・淫行を認め、無期限の活動停止を発表した小出恵介(33)から号泣謝罪を受けたことを明かした。

【写真】小出恵介 ファンは「グイグイ来る」

 小出はさんまが企画・プロデュースし、7月7日からNetflixで配信予定だった「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」でさんま役を演じていた。同ドラマの配信は協議中という。

 この日の放送では、さんまは冒頭から小出に関するトークを展開。「フライデー」に掲載されることは、フジ系「さんまのまんまSP」収録中に「楽屋に帰ったら『事件です』」と知らされたと明かした。

 さらに「小出がワンワン泣きながら電話してきた」と謝罪の連絡を受けたことを吐露。「とてもじゃないけど励ます言葉も見つからず、大丈夫、大丈夫と。(共演の)中尾明慶とメシ行こか」と声をかけると、小出は「行けません」と返したという。

 さんまは「やったことは悪いことだし、やっちゃいけないことだからね。どうしようもないねんけど」と話し「自分がやったことなら反省出来るが、俺はなんにも悪いことをしていない」と嘆いた。

 今週は他にも、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕された俳優の橋爪遼容疑者が日テレ「踊る!さんま御殿!!」に出演していたため、ぼかし処理を施すなど対応に追われており、「一週間に2回もこういうことに巻き込まれるって」と困惑気味だった。

 収録は9日に都内で行われていた。