ここから本文です

シャープ公式Twitterが「ボーナス」大胆公開 「あるだけマシ」とこぼす

6/11(日) 14:48配信

J-CASTニュース

 シャープの公式ツイッターアカウントが2017年6月9日、賞与(ボーナス)が月収の何か月分にあたるのかを計算した結果を公表し、注目を集めている。

 16年8月に台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業に買収され、経営再建中のシャープ。企業アカウントツイッターのパイオニア的存在として人気を集め、企業ブランディングに貢献したとの声もある「中の人」への支給額はいかほどなのか――

■シャープ社長「最少1か月・最大8か月の『信賞必罰』」

 シャープの公式ツイッターアカウントは9日夕、

  「3ヶ月前の約束を果たす時がきた」

  「このニュースが報じられた時に約束した『お前はいったい何ヶ月分なのか問題』ですが、私もさっき知ったので公表しますね」

と続けて投稿。「このニュース」とは、鴻海から派遣された戴正呉社長が3月13日に開いた記者会見で17年度の賞与について「信賞必罰」を掲げ、業績への貢献度に応じて、個々の支給額を年間で最少1か月から最大8か月まで幅を持たせると発表したことを指す。同アカウントでは

  「私が何ヶ月分だったか、わかり次第、公表しますね」(3月14日)

と宣言していた。「ボーナス公開」を約束した当時から、「楽しみにしてます」「気になる」と注目を集めていた。

 そしてこの度、シャープ公式アカウントは支給されたボーナス額について、

  「2.69ヶ月分でした」

と投稿し、約束を果たした。確かにツイートに添えられた写真の電卓(シャープ製)には、2.696969640...と数字が表示されている。

 この支給額についてツイッター上には、

  「やけにリアルな数字......」
  「会社にかなり貢献してるのになぁ。少ないと思います」

と予想よりも少額とする声がある一方で、

  「少なくとも私の会社よりボーナスの支払いが良い事だけは間違いねぇです、流石大企業SHARP」
  「わたしも2.69ヶ月分のボーナスが欲しいです」

 と羨ましがる声も寄せられ、反応は様々だ。ちなみに、シャープが16年6月に公開した有価証券報告書によると、社員の16年3月末時点の平均年収は633万7000円。

 シャープ公式ツイッターはボーナスについて、

  「夢があるのかないのか、景気がいいのか悪いのか、なんともよくわからない世の中ですが、あるだけマシというしょっぱい空気が、ここ数年の私にはしっくりきます」

と率直な感想も漏らしている。

1/2ページ

最終更新:6/12(月) 15:47
J-CASTニュース