ここから本文です

斎藤工、結婚観が崩壊!?

6/11(日) 12:14配信

シネマトゥデイ

 映画『昼顔』で許されぬ恋に再び落ちていく男・北野を演じた斎藤工が、自身の役柄を通して感じた、結婚への思いを赤裸々に語った。

フェロモン出まくりの【インタビューカット集】

 それぞれに妻と夫がいるにもかかわらず、道ならぬ恋に溺れていく男女の愛憎を描いて大きな話題を呼んだテレビドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」が3年の時を経て映画化される。ドラマから3年後という設定で描かれ、二度と会わないと約束したヒロインの紗和と北野が再び出会ってしまうところから物語は始まる。

 予告編に出てくるが、北野の妻・乃里子が再び逢瀬を重ね始めた紗和と北野を見つけ車のクラクションを鳴らすシーンは、身がすくむほどのリアルな描写だ。自身でも「あれは怖すぎました!」と振り返る斎藤は「映画では男が立ち入ることのできない女性対女性の戦いも描かれていますが、もはやそこに北野は存在する余地もないというか、雲の上での戦いを見ているようです」とかなりのトラウマになっているよう。

 北野を演じた斎藤の「結婚」への思いはどのように変わっただろう? 「この映画は動物を描いている作品。倫理に閉じ込められた人間が、どんどん本能にあらがえなくなっていく。紗和と北野はお互い結婚さえしていなかったら何の問題もなかったんですから、僕も結婚については改めて考えさせられました」と語る中で、斎藤から「結婚したくない……」とポロリと本音がこぼれた。

 独身であるからこそ感じた「結婚への恐れ」、それは同時にこの作品への責任も感じることにもなっているという。「結婚にまつわるリスクについて、メディアを含めて世の中が描き過ぎていると思います。映画もドラマも影響力はないはずがないので、この作品を作る責任を考えたとき、何らかの贖罪は必要」と話した斎藤。『昼顔』ファンの間では二人がどのような結末を迎えるのか様々な憶測が飛び交っているが、「北野」として作品を生きた斎藤は、「皆さんどう感じるかはそれぞれだと思いますが、このラストに僕はとても納得しています」とキッパリ。大激論を呼んだドラマの最終話同様、禁断の恋の行方に期待は高まる一方だ。(取材・文:森田真帆)

映画『昼顔』は全国公開中

最終更新:6/11(日) 12:14
シネマトゥデイ