ここから本文です

宮里優作、全米オープンへ出国 妹・藍を思いやる

6/11(日) 11:30配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

宮里優作は11日、15日開幕の海外メジャー「全米オープン」に向け、成田空港から渡米した。国内女子ツアー「サントリーレディス」に出場中の妹・藍について「ホステスプロの難しさがある中で、予選通過できて良かった」と思いやった。

【写真】大ギャラリーに見守られて!宮里藍は”集大成”の最終日へ

今季限りでの引退を表明している妹は国内最終戦の可能性のある大会で連日、大ギャラリーに囲まれている。重圧のかかる中、33位で最終日を迎え「あれだけの観客。本人は優勝争いに加わりたかったと思うけど、とにかく4日間いることができた」とした。

自身は2年連続のメジャー挑戦となる。日本人最高の23位だった初出場の昨年は、イーグルを奪取した際、ミゲル・アンヘル・ヒメネス(スペイン)の両手を回して後ずさりするダンスを真似た。7700yd超の長距離コースに「長くて届くかどうかだけど、やらないといけない感じ。入れば、何かやると思うよ」と笑顔で話した。

今季2勝の国内賞金トップは「状態はだいぶ良くなりつつある。昨年以上の結果を」と目標を掲げた。(編集部・林洋平)