ここから本文です

警察も興味 未成年淫行の小出恵介に敷かれた“逮捕包囲網”

6/11(日) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 17歳の女子高生との飲酒、淫行が発覚し無期限の芸能活動停止処分となった俳優の小出恵介(33)。所属事務所「アミューズ」は9日、「本件は刑事事件に係る事案を含んでいる」とのコメントを出したが、専門家からも大阪府の青少年健全育成条例違反や準強姦罪での逮捕の可能性が指摘され始めた。事態はさらなる展開を迎えるかもしれないのだ。

「今回の報道を受け、大阪府警も興味を持ち始めたといいます。被害に遭った17歳の女子高生の出方次第では逮捕もあり得る。そうなれば活動休止ではなく、事実上の引退に追い込まれるでしょう」(芸能プロ幹部)

 小出の素行の悪さは以前から有名で、事件は起こるべくして起きた―――との見方が多い。各メディアでも、その酒癖の悪さや女性関係が次々に明らかにされている。

「何よりも、つるんでいる仲間が悪すぎた。以前、スポーツ選手の闇カジノが問題になった際も、有名俳優として名前が挙がったのが小出でした。おそらく事務所も素行の悪さは把握していて、今回はかばい切れないと素早い判断を下した可能性があります」(前出の芸能プロ幹部)

■日テレはドラマ“代役”に星野源を要求か

 小出のテレビやCMの降板による損失額は、計3億円以上にもなるといわれている。しかも、金銭的な部分だけではなく、その“穴埋め”も大変だ。日テレは7月スタートのドラマ「愛してたって、秘密はある。」の降板を発表したが、一方でその“代役”に、小出と同じ「アミューズ」所属の星野源の出演を求めているという話も出ている。

 さらにNHKも10日からスタート予定だったドラマ「神様からひと言~なにわお客様相談室物語~」の放送中止を決めたが、事はそれで終わりそうにないという。

「NHKの制作費は受信料が大部分を占めるが、税金の一部も投入されている。NHKを監視し続ける市民グループが、今回打ち切りとなった『神様から~』の予算開示請求を行うことも考えられる。仮に納得がいかない場合、受信料の返還請求を起こすこともあるでしょう。そうなればアミューズや小出は、NHKとともに“被告”になる可能性もあります」(NHK関係者)

 昨今のテレビ界では、コンプライアンスを順守しない芸能人は、どんなに売れっ子だろうが干され、引退に追い込まれるのが潮流だ。まして、スポンサーがつかない未成年との飲酒、淫行は「完全にアウト」(芸能関係者)といわれる。アチコチに大迷惑をかけた小出が、戻ってくる場所はない。

Yahoo!ニュースからのお知らせ