ここから本文です

テロリストと間違え俳優拘束=列車のトイレでせりふ練習―仏

6/11(日) 7:23配信

時事通信

 【リヨン(仏)AFP=時事】フランスの俳優(35)が次に出演する英語劇の準備のため、移動中の特急列車内のトイレにこもり、せりふを練習していたところ「weapon(武器)」「gun(銃)」などと不穏な単語を聞き取った見回りの警備員がびっくり、警察に通報する騒ぎがあった。

 列車は途中の南仏バランス駅で停止、俳優は近くの警察署で事情聴取されたが、事情が分かると釈放された。

 特急はパリから南仏マルセイユへ向かっていた。騒ぎがあったのは、パリ中心部のノートルダム寺院前で6日、男が警官を襲った事件の直後。2015年11月のパリ同時テロ以来の非常事態宣言も継続中で「フランスに突き付けられたテロの脅威を考えれば、警備員がリスクを取ることはないし、疑いから目を背けることもない」と鉄道会社は強調している。 

最終更新:6/11(日) 7:31
時事通信