ここから本文です

【ホンダF1】「予選結果は悔しい。ポイントを獲得できる速さは十分にある」

6/11(日) 19:59配信

TopNews

マクラーレン・ホンダはF1カナダGP2日目を終えて、長谷川 祐介ホンダF1プロジェクト総責任者が次のように振り返った。

●【動画】25年・・・ハミルトン、セナと並んだF1カナダGPでの感動的なポールポジションを比較映像で振り返る

■長谷川 祐介 (株)本田技術研究所 主席研究員 F1プロジェクト総責任者

「今週末はトラブルがありながらも、ある程度の速さをみせられていたため、予選では3戦連続のQ3進出を狙っていました。結果としてはわずかに届かず、悔しく思っています。

昨日のトラブルによる遅れを取り戻すべく、午前のFP3ではチーム一丸となりプログラムを消化し、セットアップを煮詰めていきました。

予選ではフェルナンドはいつも通りマシンから最大限の速さを引き出してくれましたが、わずかな差でQ3進出を逃す結果になりました。

また、今日はストフェルにも十分チャンスはあると思っていましたが、イエローフラッグによりQ1の最終アタックを中止せざるを得なかったことは不運ですし、残念だったと思います。

明日は長く厳しい戦いになることを予想していますが、ポイントを獲得できるだけの速さは十分にあると思っています。明日の決勝ではニュータイヤを装着してのスタートになりますし、カナダではあらゆることが起こりうると思います。いいスタートを決めてポイント獲得を目指します」

最終更新:6/11(日) 19:59
TopNews