ここから本文です

【UFC】43歳のハント、母国凱旋試合で6連勝中の野獣をTKO

6/11(日) 15:06配信

イーファイト

UFC
「UFC FIGHT NIGHT:LEWIS VS HUNT」
2017年6月10日(土・現地時間)ニュージーランド・オークランド スパーク・アリーナ

【フォト】前回の試合ではアリスター・オーフレイムのヒザ蹴りでマットに沈んだハント

▼メインイベント・第12試合 ヘビー級 5分5R
○マーク・ハント(ニュージーランド/同級7位)
TKO 4R 3分51分
●デリック・ルイス(アメリカ/同級6位)

 現在43歳のハントは2001年にK-1 WORLD GP世界ヘビー級トーナメントを制し、2004年にはPRIDEでMMAデビューも果たすなど、日本のリングで活躍した人気ファイターだ。UFCには2010年9月から参戦。今年3月の『UFC 209』ではアリスター・オーフレイムとの元K-1 WORLD GP王者対決に臨むも3RでKO負けを喫し、今回は初の母国凱旋試合にして再起戦となる。

 対するルイスは“ブラック・ビースト”の異名を持つUFCヘビー級トップファイターの一人。これまでにガブリエル・ゴンザーガ、ロイ・ネルソン、トラヴィス・ブラウンといった強豪を次々と破り現在6連勝中。2月のブラウン戦ではダウン寸前に追い込まれながらも大逆転のKO勝ちを収めている。

 1R、じっくりと様子をうかがうハントに対し、ルイスはハイとローを散らす蹴り主体の攻め。巨体ながらも軽快に二段蹴りも繰り出し、会場を沸かせる。

 2Rに入ると右ローを返し始めるハント。しかし、ジャブから踏み込んだところへ、ルイスの指が目に入りドクターチェックを受ける。再開後、なおもハントはローを蹴りながら徐々に間合いを詰めると、終盤に豪快な右フックをヒット。たまらず後退したルイスにパンチをまとめ、終了間際には左フックでよろめかせる。 

 3R、ルイスはダメージからか、足が止まる場面が見られるようになるが、それでもハントが近づくと鋭いアッパーとフックを振るう。しかし、ハントはジリジリと近づきルイスをケージ(金網)際へと追い込むと、振りかぶるように右フックを放ち、ボディブローも見舞う。

 4R、さらに動きが落ちたルイス。ハントの右ローを嫌がり始め、強烈なワンツーも被弾してよろめく。ハントがボディと顔面にパンチをまとめ続けると、ルイスは足が止まり両手で頭を覆って体を丸めた状態に。戦意も喪失したか、防戦一方となったところでレフェリーが試合を止めた。

 ハントが6連勝中のルイスを相手にTKO勝ち。初の母国凱旋試合を勝利で飾った。試合後には息子たちをケージ内に招き入れると、「長年、異なる2つの競技のトップレベルで戦ってきた。サポートし続けてくれた人たちに感謝している」と感謝の言葉を述べ、大声援に応えた。
 
 一方、敗れたルイスは満身創痍の状態でインタビューに応じ、来週に結婚式を控えていることを明かすと共に「これがおそらく最後の試合になるだろう」と引退を示唆。会場からは拍手が送られた。

最終更新:6/11(日) 17:03
イーファイト