ここから本文です

ケイン、イングランドを黒星から救う 「今日は特別な日」/W杯欧州予選

6/11(日) 12:55配信

ISM

 2018年W杯欧州予選は現地時間10日に各地で第6節が行なわれ、グループFの首位イングランドは、4位スコットランドと2対2でドロー。1対2の局面からネットを揺らしたケインは、「今日は特別な日」と感想を述べた。

 イングランドは70分にオックスレイド・チェンバレンが決め、このまま白星を手にするかと思われたが、87分に同点とされると直後の90分にも失点。いずれもFKからグリフィスに決められ、終了までわずかな時間帯に逆転される。

 しかしイングランドは93分、この日初めてキャプテンマークを巻いたケインが、スターリングのクロスをジャンピングボレーで決めて同点に。土壇場で2対2とし、勝ち点1をもぎ取った。

 これにより、8年続いているW杯欧州予選での無敗をキープできたイングランド。試合後、チームを黒星から救ったケインは「あれ(同点弾)は間違いなく最高だった。今日は特別な日になったよ」とコメント。「試合に勝とうとしていたのに、ロスタイムに入って負けそうになってしまった。ゴールを奪えて特別な思いだ」と話していた。

 イングランドを追う2位スロバキアは5位リトアニアに2対1で勝利。ハムシクが1ゴール1アシストの活躍で、チームの勝利に貢献している。3位スロベニアはノヴァコヴィッチらのゴールで最下位マルタを2対0で退けている。

 この日の結果、首位イングランドは勝ち点を14とするにとどまった一方、2位スロバキアが同12、3位スロベニアが同11と、それぞれポイントを稼いでいる。(STATS-AP)

最終更新:6/11(日) 12:55
ISM