ここから本文です

(文化の扉)閣議決定の重みって 首相「一強」、意向反映したもの増加

6/11(日) 16:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 閣議は重い。行政をつかさどる内閣の統一見解を決める場だから、国家の命運を握っているともいえる。内閣の意思としてまとめられる「閣議決定」が最近、ことさらニュースをにぎわす機会が増えている。

 「あなたの国は誰が決めるの?」と米大統領特使が官房副長官に問う。次の瞬間「被害者救済と復興の特別法律案 閣議決定書」が映し出される。映画「シン・ゴジラ」の一場面だ。
 閣議決定が国を動かすイメージは強い。憲法の解釈を変更し、集団的自衛権の行使を認めた3年前の閣議決定は強い批判を受けた。国会議員の質問主意書への答弁書も、閣議決定をする。……本文:3,779文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社