ここから本文です

天守台跡で「お宝探し」 静岡・駿府城公園、市民ら発掘楽しむ

6/11(日) 8:59配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡市葵区の駿府城公園内にある駿府城跡天守台発掘調査現場で10日、市民や観光客向けの発掘体験が始まった。県内外の約50人が参加し、天守台跡に埋まるお宝を探した。

 くわに似た鋤簾(じょれん)という道具で地表を削り、土の中の遺物を探した。遺物らしきものを見つけると、すぐに市歴史文化課職員に報告。「瓦かもしれない」「ただの石」などと言われて一喜一憂していた。

 この日は、陶磁器や瓦の破片が出土した。同課によると、発掘したのは近現代の整地層で、出土品は明治以降の陸軍歩兵連隊が使用していた可能性が高いという。ただ、整地層には古い時代の土も混在しているため、江戸中期以降の遺物の可能性もあるという。

 天守台発掘調査は2016年8月から始まった。市は調査自体の観光資源化を進めていて、16年度は市内の小中学生を対象に発掘体験会を開いた。この日始まった一般向けの体験は10月までの毎月第2、第4の土日に開催する。

静岡新聞社

Yahoo!ニュースからのお知らせ