ここから本文です

ジェズス、やっぱり離脱 “問題なし”から一転「眼窩骨折」

6/11(日) 13:44配信

ISM

 CBF(ブラジルサッカー連盟)は10日、国際親善試合に臨むためオーストラリア遠征を行なっているブラジル代表メンバーから、FWガブリエウ・ジェズスが離脱したことを発表した。

 同選手は9日に行なわれたアルゼンチンとのテストマッチで、試合終了間際に負傷退場。所属先のマンチェスターC(イングランド)で同僚のニコラス・オタメンディと接触した際、相手の肘が顔面に入って倒れ込み、最後はストレッチャーでピッチをあとにしていた。

 ブラジルは13日にオーストラリアとの親善試合を控える。ジェズスについては当初、この試合にも問題なく出場可能とされていたが、その後精密検査を行なったところ、左眼窩に骨折が認められたという。ブラジルは同選手の離脱に伴う追加招集は行なわない見込み。(STATS-AP)

最終更新:6/11(日) 16:42
ISM