ここから本文です

東名高速観光バス事故、バス会社が事故の瞬間映像を公開して状況を説明

6/11(日) 12:42配信

ねとらぼ

 6月10日7時29分ごろに発生した、東名高速での貸し切り観光バスと乗用車の事故について、東神観光バスが事故に関するおわびとお知らせを発表。事故の瞬間のドライブレコーダー映像を公開しました。

【事故発生直後の車内の画像】

 事故が発生したのは東名高速道路上り線の新城パーキングエリア付近。バスが事故現場周辺に差し掛かったところで、対向車線から乗用車が中央分離帯を飛び越えてバスに衝突したと東神観光バスは説明しています。

 当時バスには「上宿旅友の会」の乗客44人と、旅行会社の添乗員1人、乗務員2人が乗車しており、事故後、全員が病院に搬送されました。6月10日16時時点では44人が治療を受けて帰宅しており、3人が治療中とのこと。なお、バスの運転士は運転士歴46年の優良ベテラン乗務員であったことも明かされました。

 事故の発表とともに東神観光バスが公開したドライブレコーダーの動画を確認してみると、乗用車がすさまじいスピードで中央分離帯を飛び越えて観光バスに突っ込んでくる様子が鮮明に記録されており、フロントガラスやバス全面が激しく損傷していく様子も確認できました。

 事故の詳しい原因については現在警察などが調査中です。

画像・動画提供:東神観光バス

最終更新:6/11(日) 13:35
ねとらぼ