ここから本文です

西武・秋山、早くも昨季超え12号!今季8度目猛打賞で貢献

6/11(日) 7:00配信

サンケイスポーツ

 (セ・パ交流戦、西武6-2DeNA、2回戦、1勝1敗、10日、メットライフ)西武は10日、DeNA2回戦(メットライフ)に6-2で勝利。「3番・中堅」で先発した秋山翔吾外野手(29)が先制2ランを含む4打数3安打3打点。今季8度目の猛打賞で貢献した。

 「ゲッツーもないし、アウトになっても(次は)浅村。ヒットを打つことだけを考えた」

 一回一死二塁で平良の初球、139キロの直球を右中間席中段へ運んだ。2日のヤクルト戦から3番に入る。昨季は打率・179と苦しんだ打順だが、辻監督から「あまり意識しないように。1番だと思ってやってくれればいい」と声をかけられた。二回に左前適時打、五回も右前打を放ち、3番に入ってからの8試合で打率・375。「メンタルの弱い僕を気遣ってくれたんだと思います」と指揮官に感謝した。

 56試合で昨季の11本を超える12号だが「上げようとか飛ばそうとか考えず、タイミングを重要視している」と、あくまで低く強い打球を意識する。1番・金子侑、2番・源田、3番・秋山の俊足トリオで6安打4打点。3年連続Bクラスの西武に、新たな打線の軸ができた。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 13:15