ここから本文です

大田に打ち込まれた巨人・村田真ヘッド「配球が甘いと思うよ」

6/11(日) 20:53配信

東スポWeb

 巨人は11日の日本ハム戦(札幌ドーム)に1―5で敗れ、交流戦最下位に転落した。

 元巨人のドラフト1位コンビにやられた。2010年に戦力外通告した村田透(32)に5回1失点と封じられプロ初勝利を献上すると、昨年、トレードで放出した大田泰示外野手(27)には、この日も2戦連発の8号ソロを許すなど、3戦計10打数7安打2打点と打ち込まれた。しかも大田に一発を浴びたのは、トレード相手の吉川光だった。

 由伸監督は大田について「姿は変わっているようには思わない。チームとして、同じ打者に何本も打たれているようでは話にならない」。村田真ヘッドコーチは「打たれすぎや。俺らの指導不足もあるけど、あんなに同じ打者に打たれたらあかんよな。配球が甘いと思うよ。サネ(実松)も外ばっかり。経験ある捕手には見えんかったな」とバッテリーへ怒りをぶつけた。

最終更新:6/11(日) 20:53
東スポWeb