ここから本文です

有終の美を望むブッフォンが来季にかける思い「主人公になりたい」

6/11(日) 18:41配信

GOAL

ユヴェントスに所属するジャンルイジ・ブッフォンが来シーズンにかける思いを語った。

ユヴェントスは2016-17シーズン、チャンピオンズリーグ決勝でレアル・マドリーに敗れ、3冠達成は果たせなかった。それでも、セリエAで前人未到の6連覇、コッパ・イタリアで史上初の3連覇を成し遂げた。39歳のブッフォンは国内カップ戦には出場しなかったものの、公式戦43試合に出場し、守護神としてチームを支えた。ブッフォンは来季終了後に開催されるワールドカップを最後に、現役を引退する可能性が高いことを表明している。来シーズンについて以下のようなコメントを残した。

「最後のシーズンとなるかもしれない。いつも自身に求めてきたことだが、主人公になりたいと考えている。次の1年間、人々は、細部にこだわり、成功を熱望するブッフォンを見ることができるはずだ。そのためには重要な選手であり続けなければならない。来季はそのことに注力しようと思う」

これまでイタリア代表として168試合、クラブでは842試合に出場してきたブッフォン。有終の美を飾ることはできるだろうか。来季の活躍に注目が集まる。

GOAL

最終更新:6/11(日) 18:41
GOAL

Yahoo!ニュースからのお知らせ