ここから本文です

シャラポワ、ウィンブルドン欠場=女子テニス

6/11(日) 9:27配信

時事通信

 【パリ時事】女子テニスの元世界ランキング1位、マリア・シャラポワ(ロシア)が太もものけがのため、7月3日開幕の四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権に出場しないと表明した。10日、自身のフェイスブックに「筋肉の損傷のため、予定していた芝コートの大会に出場できなくなった」と記した。7月下旬の復帰を目指すという。

 四大大会通算5勝のシャラポワは、ドーピング違反による1年3カ月の出場停止処分が今年4月に解除。ツアーに復帰したが、5月の大会で太ももを痛めた。 

最終更新:6/11(日) 14:11
時事通信