ここから本文です

「ウルトラマンオーブ」フィナーレ、石黒英雄が次世代・濱田龍臣にガイのコート贈る

6/11(日) 17:27配信

映画ナタリー

本日6月11日、「劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!」の“グランドフィナーレ舞台挨拶”が東京・丸の内ピカデリーで行われ、キャストの石黒英雄、高橋直人、ねりお弘晃、青柳尊哉が登壇した。

【写真】「劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!」(他29枚)

舞台挨拶の前には、声を出してウルトラヒーローたちを応援することが可能な特別応援上映を実施。観客席の後ろから本編を観ていたという青柳は「僕は応援上映に2回行ったんですが、映画が育っていったのは皆さんのおかげという感覚があって。今日皆さんがウルトラマンを応援している姿はすごく素敵でした。僕自身の宝物ですね」と感慨深げに語った。

2016年6月9日に製作発表会が行われた本作。約1年が経った現在の心境を聞かれた石黒は「『どこまでいけるか?』を考えるのではなく、『やっちゃえ!』という気持ちを持ちつつ真面目に取り組んできました。それは僕だけではなく、田口(清隆)監督をはじめとする皆さんがそうだったと思います。『ウルトラマンオーブ』がここまで大きくなったのは、スタッフの方たちのおかげです」と感謝の気持ちを述べる。高橋は「撮影が終わったあともアフレコなどがあったので、区切りが付いた感覚はなかったんですよね。でもこのグランドフィナーレが一区切りになるのかなと。ホッとした気持ちもありますが、やっぱり寂しいです」と胸の内を明かした。

本日のイベントには、7月8日からテレビ東京系にて放送がスタートする特撮ドラマ「ウルトラマンジード」で主演を務める濱田龍臣も出席。緊張した様子の濱田は「坂本(浩一)さんが監督を務めているので、アクション多めになっています」と同作の見どころをアピールした。そして石黒は「自分なりの正義を貫いてください」と濱田に呼びかけ、自身が演じたクレナイ ガイのコートをプレゼント。濱田は「泣いてもいいですか?」と目を潤ませる。

終盤には濱田が「決めるぜ! 覚悟!」というセリフとともに、ウルトラマンジード プリミティブへの変身を披露した。するとそれに対抗するかのように、石黒も「オーブ!」と声を上げウルトラマンオーブ オーブオリジンに変身。ウルトラヒーローの共演に、会場には大きな歓声が鳴り響く。石黒が「『ウルトラマン』はいつの時代も愛される作品です。これから先ずっと『ウルトラマンオーブっていいよね』と言われ続けるようにがんばります。僕たちのことを温かく迎えてくれてありがとうございました」と集まったファンに呼びかけたあと、登壇者全員で「あばよ!」というセリフを披露しイベントは終了した。

なお「劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!」のBlu-ray / DVDが7月28日に発売される。

特撮ドラマ「ウルトラマンジード」
テレビ東京系 2017年7月8日(土)スタート 毎週土曜 9:00~



(c)劇場版ウルトラマンオーブ製作委員会

最終更新:6/11(日) 17:27
映画ナタリー