ここから本文です

「お茶の学校」6期生が意欲 静岡・清水区で開校式

6/11(日) 11:10配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡市は10日、市民講座「市お茶の学校」(学長・田辺信宏市長)の2017年度開校式を同市清水区の浜田生涯学習交流館で開いた。12月まで計8回開き、受講生が特産のお茶への理解を深める。

 第6期となる本年度は、大学生から60代までの26人が受講する。開校式では静岡大4年の落合悠生さん(21)が「お茶は静岡の自慢。静岡に詳しくなり、魅力を発信していけるようになりたい」と生徒代表の言葉を述べた。

 式後は初回の講座を開き、静岡産業大総合研究所の中村羊一郎客員研究員が「静岡茶の歴史」と題し講義した。

静岡新聞社