ここから本文です

卓球世界選手権で平野選手銅 地元・中央市役所に懸垂幕

6/11(日) 7:55配信

産経新聞

 ドイツで行われた卓球世界選手権の女子シングルスで、48年ぶりの銅メダルを獲得した平野美宇選手(17)の快挙をたたえ、出身地の中央市で9日、市役所など5カ所に懸垂幕と横断幕を掲げた。

 市役所田富庁舎(同市臼井阿原)では、田中久雄市長や職員が見守るなか、屋上から懸垂幕(縦7メートル、横1メートル)が下ろされた。

 市によると、懸垂幕・横断幕は玉穂、豊富両庁舎、平野選手の母校の市立田富北小、トウモロコシなどを求める利用客が多い「道の駅とよとみ」にも掲げられた。

 田中市長は「平野選手は中央市の誇り。活躍してくれることで市民に勇気を与える。今後も市民一丸で応援していきたい」と期待を語った。

最終更新:6/11(日) 7:55
産経新聞