ここから本文です

<ユッカ・バリダ>10年越し開花 長さ1メートルの塊に

6/11(日) 18:33配信

毎日新聞

 兵庫県姫路市立手柄山温室植物園(同市手柄)で9日、メキシコ原産のリュウゼツラン科の木「ユッカ・バリダ」が満開となった。園によると、10年前に栽培を始めて初めての開花。1週間ほど見ごろが続く見込み。

 園によると、ユッカ・バリダの国内での栽培は珍しい。今月3日、高さ5メートルほどの葉の中からラグビーボール大のつぼみの塊が顔を出し、長さ1メートル、幅40センチほどの花の塊となった。一つ一つの花はクリーム色で肉厚の花びらが6枚付いている。担当者は「これだけ大きな花になってびっくり。種ができるのか、観察を続けたい」と話した。

 金曜休園。入園料は大人200円、6才から中学生は100円。問い合わせは同園(079・296・4300)。【幸長由子】

最終更新:6/11(日) 18:33
毎日新聞