ここから本文です

「働き方」関連135冊 山梨県立図書館で展示

6/11(日) 7:55配信

産経新聞

 県立図書館(甲府市北口)は、「働き方改革」に関する図書の展示をスタートした。過労死や待機児童、賃金格差など働き方をめぐる問題が国をあげた社会的課題になっているため、より良い働き方のヒントとなる関連図書・雑誌135冊を集めて展示している。

 展示は「働きかたを考える 一人ひとりが輝くために」のタイトルで7月23日まで、同館閲覧エリア2階の「情報サテライト1」で行っている。

 展示図書のテーマは5つ。(1)働き方をめぐる諸問題(2)仕事と生活、どっちも大事(3)だれもが輝ける職場(4)労働者を守る法律と制度(5)これからの働き方-となっている。

 休館日は毎週月曜と、蔵書点検日の7月6日、18日。

最終更新:6/11(日) 7:55
産経新聞