ここから本文です

なでしこ高倉監督、DF陣称賛「押し込まれたのによく耐えた」

6/11(日) 6:01配信

スポニチアネックス

 ◇国際親善試合 日本1―0オランダ(2017年6月9日 ブレダ)

 なでしこジャパンの高倉監督は「最後、押し込まれたのによく耐えた」と無失点に封じたDF陣を称賛した。

 4―4―2の4バックは主将の熊谷、鮫島ら実績のある選手に加え、ともにA代表2戦目の市瀬、大矢が先発。19歳の市瀬について指揮官は「読みと位置取りが抜群。ビルドアップでもいい仕事をしてくれた」と評価した。22歳の大矢も本職でない右SBで奮闘し、勝利に貢献した。