ここから本文です

プロ野球 G継投裏目、また黒星

6/11(日) 7:55配信

産経新聞

 前日に球団ワーストの13連敗を止めたばかりなのに、今の巨人には勝ちきる躍動感が足りない。

 2-1で迎えた八回の守備。すでに110球以上を投げていた先発の田口が先頭打者に四球を与えて降板した。田原、森福と小刻みにつなぎ、マシソンに。ところが、1死二、三塁から日本ハム・中田に左中間へ逆転の2点二塁打を浴びた。

 カミネロが2軍にいる今、抑えはマシソンが任されている。前日は九回に登板し、三者凡退に抑えて1点差を守りきった。

 高橋監督は「勝負どころ。一番力のある投手でいくしかない」と、この日は1イニング早く守護神を投入した。それが結果的に裏目に出た。

 中継ぎ陣に不安を抱える巨人。八回を安心して任せられる投手がいない現状では、完全に負の連鎖を断ち切るのは難しいだろう。(浜田慎太郎)

最終更新:6/11(日) 7:55
産経新聞