ここから本文です

長嶋さんも笑顔!立大、59年ぶり4度目日本一

6/11(日) 15:30配信

デイリースポーツ

 「全日本大学野球選手権決勝・立大9-2国際武道大」(11日、神宮球場)

 立大が国際武道大を下し、1958年以来59年ぶり4度目の優勝を果たした。プロ野球・巨人の長嶋茂雄終身名誉監督も母校の立大の応援に駆けつけ、優勝の瞬間を笑顔で見届けた。

【写真】母校の応援に訪れた長嶋茂雄氏

 1点を先制された後の初回。連打と四球で1死満塁とすると、5番・山根佑太外野手(4年・浦和学院)が、逆転の左前2点適時打を放った。さらに6番・大東孝輔内野手(4年・長良)が左翼席へ3ラン。六、七、八回と得点を重ねて国際武道大を突き放した。

 投手陣は先発の手塚周投手(2年・福島)、中川颯投手(1年・桐光学園)のリレーでリードを守り抜いた。

 1966年以来51年ぶりの出場となった立大は、初戦の2回戦で富士大に逆転で59年ぶりの勝利を挙げた。準々決勝・天理大戦、準決勝・東海大北海道はともに1点差で勝利。粘り強い戦いで頂点まで駆け上がった。2014年に就任した同校OBの溝口智成監督は、就任4年目で初優勝となった。「こんなに多くの方が見守ってくれる中で胴上げしてもらって、本当に幸せな気分です」と感無量の面持ちだった。長嶋氏の来場について、「試合前にいらっしゃることを聞きまして、選手にも伝えて、普段通り、いい野球をしようぜという話をして挑みました」と励みになった様子だった。

 長嶋氏は、1957年の優勝時のメンバー。神宮球場の貴賓席から声援を送った。優勝を見届け、「正直なところ、今日のゲームは立教が投打に渡って非常にいい形で戦った。非常に嬉しい」と声を弾ませた。「学生野球をやった人間としては、その立場に戻ってやったような気持ちになった。僕も一緒に(応援歌を)歌ったりしました」と笑顔を見せていた。

 初の決勝進出となった国際武道大は投手陣が打ち込まれ、初優勝を逃した。