ここから本文です

脳梗塞の桂ざこば 降板舞台千秋楽に病院から駆けつけ挨拶…会話も歩行も比較的回復順調

6/11(日) 16:02配信

デイリースポーツ

 5月27日に脳梗塞のため緊急入院し、療養中の落語家・桂ざこば(69)が11日、降板した舞台「銀二貫」(大阪・松竹座)の千秋楽公演のカーテンコールに、病院から駆けつけ、舞台で挨拶を行った。自力で歩いて舞台に姿をみせ、大きな声で客席に「ありがとうございました!」と挨拶。関係者によると、現在も入院中だが会話や歩行に大きな問題はなく、比較的順調に回復しているという。

【写真】ざこば告白…今は亡き大物芸能人との「絶縁」

 この日の上演後、カーテンコールで主要出演者らが一言ずつ挨拶した後に、藤山扇治郎が「今日は、特別に、桂ざこば師匠が病院から駆けつけてくださいました」と紹介すると、舞台袖からざこばが登場した。

 拍手に包まれる中、自力で舞台中央に歩み、感極まった様子で、代役を務めた高田次郎と抱擁を交わした。一言挨拶を促されると、ざこばは「いろいろと、ありがとうございました!」と声を張り上げた。扇治郎が「またざこば師匠とご一緒できるよう、頑張ります」と誓うと、劇場は喝采に包まれた。

 関係者によると、ざこばは現在も入院生活を送り、リハビリなどを行っているという。普通に会話もできており、自力で歩いて1人で風呂にも入っているという。

 かねて、この日の千秋楽のカーテンコールには出演したい意向を持っていたため、医師や劇場側と相談し、この日朝に最終的な外出許可を得て、劇場を訪れた。車いすなどは使わず、歩いて車に乗って移動したという。

 関係者は、ざこばの回復状況について「脳の病気なので常に楽観はできないが、比較的順調に回復している」と説明。医師からは最低1カ月は入院するよう指示されており、退院時期なども、今後の体調をみながら決めるという。

 ざこばは5月27日に、同舞台の稽古場に姿をみせたが、明らかに足元がふらつくなど様子がおかしかったため救急搬送された。大阪市内の病院で「左中大脳動脈閉塞症」「塞栓性脳梗塞」で、1カ月以上の加療が必要との診断を受け緊急入院。同舞台を降板したほか、当面休業を発表していた。