ここから本文です

阪神ドラ2小野 5回2/3を3失点 「ボールが上ずって…」

6/11(日) 16:26配信

デイリースポーツ

 「交流戦、ソフトバンク-阪神」(11日、ヤフオクドーム)

 阪神のドラフト2位・小野泰己投手が、5回2/3を投げて3失点で降板した。

 初回に4四球を与えるなど、粘りきれず2点を許した。さらに三回にも四球絡みで1失点。自身の足を自ら引っ張ってしまった。

 この日最後となった六回のマウンドは2死二塁で四球を与えたところで降板。球数は112球で四球は6個だった。2番手には岩崎が上がり、川崎を右飛に打ち取り無失点。1-3と2点差のまま、七回の攻撃に託した。

 小野は「ボールが上ずってしまい、初回からフォアボールを出してランナーをためてしまいました。早い段階から修正しないといけなかったです」と話した。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/25(火) 14:40