ここから本文です

ヤクルト初回7点も…八回終えて3点差 秋吉も投入

6/11(日) 16:53配信

デイリースポーツ

 「交流戦、ロッテ-ヤクルト」(11日、ZOZOマリンスタジアム)

 引き分けを挟んで10連敗中、交流戦でまだ勝ち星のないヤクルトが、初回7得点を挙げながら、試合終盤でもがき苦しんでいる。

 9-2と7点差をつけて迎えた八回、ルーキが乱調だった。先頭の吉田、続く伊志嶺、荻野に3連続四球を与え無死満塁とされると、角中に右翼へ適時打。パラデスの内野ゴロの間に1点を許した。

 ここでルーキから久古にスイッチ。鈴木を三振に打ち取り、八回2死一、三塁でストッパーの秋吉をマウンドへ送り込んだ。

 しかし、ダフィー、大嶺に適時打を許して3点差まで詰め寄られた。根元を空振り三振に切って取り、3アウトチェンジとなったが、1つ勝つことの難しさを感じさせるイニングとなった。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/24(月) 10:05