ここから本文です

ヤクルト連敗10で止めた!交流戦初白星 7点差追い上げられヒヤヒヤ

6/11(日) 17:05配信

デイリースポーツ

 「交流戦、ロッテ-ヤクルト」(11日、ZOZOマリンスタジアム)

 ヤクルトが引き分けを挟んだ連敗を10で止め、交流戦初白星を挙げた。初回に打者一巡、6安打7得点の猛攻を見せ、長いトンネルをくぐり抜けた。

【写真】山田が幻の本塁打…ファンが捕っちゃった

 初回、坂口と上田が続けて三塁打を放ち打者2人で1点を先制すると、さらに、この日5試合ぶりに3番に座った山田がセンターへの二塁打を放ち1点追加。中村の適時打、坂口の押し出し四球、上田の2点適時打で合計7点を奪った。

 しかし、9-2で迎えた八回、ルーキの3連続四球から満塁のピンチを招き、角中、鈴木、大嶺の適時打などで3点差にまで詰め寄られた。結局、八回2死から登板した秋吉が九回を締めた。

 ヤクルトは5月28日の中日戦で7-1で勝利してから、交流戦が開幕した同月30日のオリックス戦から、今月4日の西武戦で8-8と引き分けたのを挟んで10連敗中。交流戦開幕からの連敗ワースト記録を更新していた。

 ロッテはルーキーの佐々木が先発を任されたが、痛恨の立ち上がりとなった。7回を8失点で降板した。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/27(火) 17:00

Yahoo!ニュースからのお知らせ