ここから本文です

【阪神2歳新馬戦】アドマイヤムーン産駒アイアンクローが好位抜け出し

6/11(日) 13:14配信

スポーツ報知

 11日の阪神5R、2歳新馬戦(芝1200メートル=11頭立て)は、アドマイヤムーン産駒のアイアンクロー(牡、栗東・斉藤崇厩舎)が好位から抜け出して、デビューVを飾った。勝ちタイムは1分10秒3。

 スタートはそれほど速くなかったが、すぐに好位に取り付いて追走。直線で鋭く脚を伸ばすと、逃げ込みを図るナムラバンザイをかわし、1馬身1/4差をつける快勝だった。勝利に導いた福永騎手は「調教である程度手応えをつかんでいた。スタートがイマイチだったが、センスがいい。素直で上手にレースをしてくれた。距離は1400メートルくらいまでなら」と振り返った。

 今後は未定だが、1200メートルを中心にした短距離になる見込み。「ゲートはもうちょっと出るかなと思っていましたが。でも、直線は手応えが良くて、いつ抜けるかと思っていた」と斉藤崇調教師は笑顔を見せた。

最終更新:6/11(日) 13:16
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ