ここから本文です

【東京新馬戦】ホーリーレジェンド、接戦制しデビューV

6/11(日) 14:13配信

スポーツ報知

 11日の東京6Rの新馬(芝1600メートル、12頭立て)は、2番人気のアイルハヴアナザー産駒、ホーリーレジェンド(牝、美浦・栗田博憲厩舎)が首差の接戦をものにした。勝ちタイムは1分36秒8。

 スタート後は5番手で進み、馬なりのまま徐々にポジションを上げて、4コーナー2番手で迎えた直線。ラスト200メートルを切って鞍上にムチを入れられると、エンジン全開で、上がり最速(33秒8)をマークして、逃げ粘るリープフラウミルヒをゴール寸前で競り落とした。「攻め馬でもそうだったけど、真面目に走る馬。追ってから味があった。そいういう意味でも新馬向きだったね」と内田は振り返った。

最終更新:6/11(日) 14:47
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ