ここから本文です

斎藤工、サンシャイン池崎に「距離を置いてます」 そのワケとは…

6/11(日) 15:11配信

スポニチアネックス

 俳優の斎藤工(35)と上戸彩(31)が、11日放送の関西テレビ「マルコポロリ!」(日曜後0・59)に出演。それぞれが“決して、もう二度と。”やりたくない決断について語るなか、斎藤はお笑いタレントのサンシャイン池崎(35)に距離を置いていることを明かした。

 斎藤は自身について「一日一食にしてて。16時間は胃に固形物を入れないようにしてて。16時から24時は食べていい」と語るも我慢が必要なようで、「ヒップホップを聴いてごまかしてます。ボリューム大きくしてノリでごまかしています」と、独特の方法で我慢していることを明かした。一方、斎藤によると上戸は“駄菓子女王”だという。「食べてない瞬間はないんじゃないかというぐらい」との証言。さらに斎藤は、「しかも、ちゃんとご自身のスポンサーさんのメーカーのを食べてる」と報告、上戸は「裏切らないですねぇ、ホントに好きなんですよ」と苦笑した。

 また、公開中の出演映画「昼顔」にかけて“決して、もう二度と。”と思う決断について尋ねられた二人。上戸は、「海外に行くときに、寒かったんで機内で貼るカイロを貼ってたんですよ。そしたら(保安検査場)で引っかかっちゃって。そしたら脱がされてカイロ姿になりますよね」と、あられもない姿になってしまったことを大後悔。「ああもう終わったなと思いました」と自虐しつつ笑わせた。

 一方斎藤は、サンシャイン池崎(35)との関係について、「僕も池崎さんって呼ばれるし、向こうも工君って呼ばれたりして世の中が混同しているらしくて、僕らが仲良くすることはあんまり良くないんじゃないかと思って」と語り、昨年大みそかの日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!大晦日年越しSP!絶対に笑ってはいけない科学博士24時」でサンシャインのネタを完コピした影響が大きいことを吐露。

 そして「まだ道半ばだし、馴れ合っていたら傷のなめ合いみたいになっちゃうんじゃないかと思って、距離を置いてます」と衝撃発言。「好きなんですよ、好きだから今は会えないなと思って。さしでどこかに行きたくない」と語り、笑わせた。