ここから本文です

【ユニコーンS展望】芝G1・2着馬リエノテソーロが堂々の主役

6/11(日) 19:38配信

デイリースポーツ

 注目を集めるのはNHKマイルCで13番人気ながら2着に奮闘したリエノテソーロだ。ダートは2戦2勝。交流G3のエーデルワイス賞を5馬身差、同G1の全日本2歳優駿は3馬身差をつけて圧勝している。武井師は「芝のG1で2着の底力はあるが、ダートの方がよりいい」と自信たっぷり。狙うのはJRA重賞初制覇だ。

 シンボリクリスエス産駒のサンライズソアもダートでは2戦無敗と底を見せていない。前走は今回と同じ東京ダート1600メートルで行われた青竜SをV。コース経験を武器に連勝を狙う。

 デビューから無傷2連勝のサヴィは、さらに調子を上げている。新馬は先行策、500万下は追い込んでVと変幻自在の競馬で連勝中。レースセンスがあり、能力は高い。

 アディラートは海外遠征帰り。UAEダービーは12着に敗れたものの、ヒヤシンスSではエピカリスの2着に好走している。持ち前のスピードを発揮すれば重賞でも通用する。

 その他にも鳳雛Sで道中リズムを欠きながらも直線だけで2着に追い込んだリヴェルディ、伏竜S2着のサンライズノヴァ、全日本2歳優駿2着の実績があるシゲルコングなどが上位候補となる。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ