ここから本文です

「劇場版ウルトラマンオーブ」がフィナーレ 石黒英雄「ガムシャラに突っ走りました!」

6/11(日) 15:39配信

スポーツ報知

 映画「劇場版ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!」の公開が11日、東京・丸の内ピカデリーで終了し、最終回の上映後に主演俳優の石黒英雄(28)らキャストによるグランドフィナーレ舞台挨拶が行われた。

 ウルトラマンシリーズの放送開始50年目の節目を飾った最新作。3月11日に公開され、ちょうど3か月間にわたるロングランヒットとなった。石黒は「ガムシャラに突っ走りました。あっと言う間でしたけど、愛された作品になったと実感しています。みんなで必死につくって、みんなで闘った。オーブが大きくなったのは僕らだけじゃなくスタッフがスタッフが闘ってくれたから」と感謝した。

 青柳尊哉(32)は「たった40分のオーディションで人生変わりました。去年6月の製作発表から1年。明確な明度を持って誇らしい1年になりました。すごく最高。キラキラしている。信じられない出会いをもらいました。僕もみなさんに育ててもらい、夢みたいな場所に届けてもらいました」と感極まりながらあいさつした。

 高橋直人(25)が「さみしい気持ちとホッとした気持ちが入り交じっています。自分の財産が増えました。これからもウルトラの世界をよろしくお願いします」と言えば、ねりお弘晃(28)は「僕だけド新人で、みなさんに付いていこうと思いましたけど、好き勝手にやらせていただきました」と撮影時を振り返った。

 また、7月8日からテレビ東京系でスタートする「ウルトラマンジード」(土曜・前9時)に主演する濱田龍臣(16)も登場。「お疲れ様でした。自分も楽しみです。僕もこんなフィナーレ、大団円を迎えられるように頑張っていきます」と花束を贈ると、石黒は「ビジュアルが素晴らしくてカッコイイですよね。自分なりの正義を貫いて下さい」とエールを送り、劇中で着用しているジャケットをプレゼントした。

 「オーブ」のブルーレイとDVDは7月28日に発売される。

最終更新:6/11(日) 15:39
スポーツ報知

Yahoo!ニュースからのお知らせ