ここから本文です

【巨人】宮国4回途中4失点で降板…クルーズの適時二塁打で3点差に

6/11(日) 15:44配信

スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 日本ハム―巨人(11日・札幌ドーム)

 3回に西川に2ランを浴びた巨人・宮国は、4回にも失点を許し降板した。

 先頭のレアードに左前安打を許すと、田中賢の三遊間を破る打球は球足も速く左中間を深々と破る適時三塁打となった。2死までこぎ着けたが、大野に四球を与え一、三塁とすると、ベンチは宮国をあきらめ2番手・池田にスイッチ。しかし池田が中島に左前適時打を許し、0―4とリードを広げられた。

 4回まで日本ハム・村田に3安打に抑えられていた打線は5回、長野、クルーズの連続二塁打で1点を返した。

最終更新:6/11(日) 16:07
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報