ここから本文です

【マーメイドS】マキシマムドパリが重賞2勝目 藤岡佑は4年5か月ぶりの重賞勝利

6/11(日) 15:58配信

スポーツ報知

◆第22回マーメイドS・G3(11日・芝2000メートル、阪神競馬場、良)

 12頭の牝馬がハンデ戦で争い、3番人気のマキシマムドパリ(牝5歳、父キングカメハメハ、栗東・松元茂樹厩舎)が直線で抜け出して優勝。今年1月の愛知杯に続く重賞2勝目。騎乗していた藤岡佑介騎手(31)=栗東・フリー=は、13年1月の根岸S(メイショウマシュウ)以来、約4年5か月ぶりのJRA重賞勝利となった。2着争いは混戦になったが、2番人気のクインズミラーグロ(幸英明騎手騎乗)が2着に踏ん張り、内から差し込んだ6番人気のアースライズ(中谷雄太騎手騎乗)が3着だった。

 藤岡佑騎手(マキシマムドパリ=1着)「ここでは馬の力は上だと思っていたので、自信を持って、積極的に行きました。馬場が思ったよりは悪くならなかったので、力に任せて、前で流れに乗ることができた。(昨年7月以来のコンビだったが)以前と同じく乗りやすいし、馬そのものも良くなっていましたね。(自身の4年5か月ぶりの重賞勝ちに)ずいぶん時間がかかってしまったが、しっかり決められてよかったです」

最終更新:6/11(日) 16:27
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ