ここから本文です

【日本ハム】村田、古巣・巨人を5回1失点 プロ初勝利の権利持って降板

6/11(日) 16:31配信

スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 日本ハム―巨人(11日・札幌ドーム)

 日本ハム・村田透投手(32)が11日、巨人戦(札幌D)で古巣を相手に5回6安打1失点に抑え、プロ初勝利の権利を持って降板した。4回までは無失点も5回に先頭の長野、クルーズの連続二塁打で1失点。最速145キロの直球にツーシーム、スライダー、フォークを駆使した。

 「4回までは良かったんですが、1失点した5回はもったいなかったですね。変化球に頼りすぎました。同じように気を付けていた援護をもらった直後の4回は、良かったんですが。(大野捕手にも)いいリードをしてもらいましたし、野手にも点を取ってもらって楽に投げることはできました。感謝しています。ただ先発はもう少し長いイニングを投げないといけないので、次回はちゃんと仕事をできるようにしたいです」とコメントした。

 村田は07年大学・社会人ドラフト1巡目で巨人に入団も3年間1軍登板がないまま10年オフに戦力外通告を受けた。11年からは米国に拠点を移し、インデイアンスに所属。3Aコロンバスで結果を残して15年にはメジャーに昇格し1試合先発。昨オフに日本ハムに移籍した。

 今季は開幕1軍スタート。4月2日の西武戦(札幌D)で中継ぎとしてNPB初登板。4月13日のソフトバンク戦(札幌D)に初先発。この日が1軍7度目(先発は5度目)の登板だった。

最終更新:6/11(日) 16:34
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 16:30