ここから本文です

【大学選手権】長嶋さんも感激!“御前試合”で立大が日本一

6/11(日) 17:35配信

スポーツ報知

◆報知新聞社後援 第66回全日本大学野球選手権最終日 ▽決勝 立大9―2国際武道大(11日・神宮)

【写真】立大、日本一の瞬間

 立大(東京六大学)が9―2で国際武道大(千葉)を下し、1958年以来59年ぶり4度目の優勝を果たした。

 立大OBの巨人・長嶋茂雄終身名誉監督(報知新聞社客員=57年度卒)が球場を訪れ観戦する中、優勝を飾った。

 初回に1点の先制を許したが、その裏に大東孝輔(4年=長良)の3点本塁打などで5点を奪って逆転。6回以降も着実に加点し、5回途中から救援した中川颯(1年・桐光学園)が無失点と好投した。

 大東が最高殊勲選手に輝き、3試合に投げて2勝の中川が最優秀投手に選ばれた。

最終更新:6/11(日) 17:52
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/28(水) 23:35