ここから本文です

【中日】連敗「3」で止めたバルデスに、あの野手が「ハゲ~! ナ~イス!」

6/11(日) 17:45配信

スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 オリックス0―4中日(11日・京セラドーム大阪)

 カリブの海坊主こと、中日のラウル・バルデス投手(39)が7回零封で2勝目を挙げ、チームの連敗を3で止めた。

 1点リードの5回2死満塁、小谷野に膝元のチェンジアップを打たせて一飛に仕留めた。「低めに投げることを意識した」と振り返ったように、普段通りのテンポの良さは維持しながら、慎重なボールの出し入れに成功した。今季1勝目は8回零封した4月23日のDeNA戦(横浜)。勝ち運に恵まれない左腕は「失点しなけりゃ勝てるんだろ」と言わんばかりに凡打の山を築いた。

 今季初勝利の後、5月28日のヤクルト戦(ナゴヤD)まで自身6登板で4敗を喫し、翌29日からリフレッシュを兼ねて2軍調整した。「投球練習したのは2度だけだよ」と振り返ったように、走り込みや遠投で下半身の強化に努めた。友利投手コーチも「本人は投げたがるけど、年齢的なこともあるし、休ませたらこういう投球ができる」と変身ぶりに目を細めた。

 試合後には大島にも「ハゲ~! ナ~イス!」とたたえられて笑顔。森監督も「投手が我慢すれば、いいことあるわな」と39歳の大健闘に頬を緩めていた。

最終更新:6/24(土) 18:28
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/25(日) 13:00