ここから本文です

【ベルモントS】売り上げは5億1851万600円。昨年10月の海外馬券発売以来、1日分としては最少金額

6/12(月) 6:05配信

スポーツ報知

◆米・ベルモントS・G1(日本時間11日・ダート2400メートル、ベルモントパーク競馬場)

 米3冠最終戦、ベルモントS・G1は10日(日本時間11日)、ベルモントパーク競馬場で行われた。日本から参戦のエピカリスは主催者獣医師によるレース当日の馬体検査の結果、右前肢ハ行のため、出走が取り消された。海外馬券発売対象レースで日本調教馬の出走取消は初めて。11頭立てとなったレースは2番人気のタップリットが好位から差し切り、G1初制覇。1番人気を集めたアイリッシュウォークライは2馬身差の2着に敗れた。

 ベルモントSの売り上げは、5億1851万600円だった。エピカリスの出走取消に伴う返還金の8058万6000円は含まれていない。今回は日曜早朝発走のレースという時間帯もあったが、土曜(10日)19時30分の発売開始後、3時間近く経過後にエピカリスが出走を取り消し、22時19分に同馬絡みの馬券発売を中止。そのことも影響して売り上げが伸びず、昨年10月の海外馬券発売以来、1日分としては最も少ない売り上げとなった。

最終更新:6/12(月) 6:05
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ