ここから本文です

【MLB】ロイヤルズの秘密兵器が1939打席目にして初ホーマー

6/11(日) 15:36配信

ISM

 カンザスシティ・ロイヤルズ傘下の3Aオハマのテランス・ゴア外野手が現地10日、マイナー通算1,939打席目にして、初ホームランをレフトスタンドに叩き込んだ。

 ゴアはロイヤルズの2014年と2015年のポストシーズンで秘密兵器として活躍。主に代走要員として、レギュラーシーズンでは38試合の出場で19盗塁をマークしているが、打撃の方はというと、メジャーではわずか9打席でヒットはゼロ。マイナーでもこれまで一度もホームランを放ったことがなかった。

 メジャーリーグ公式サイト『MLB.com』によると、ホームランが珍しい選手と言えば、メジャー1,565打席目で初本塁打を放ったベン・リビア外野手(現エンゼルス)や、メジャー通算3,754打席でわずか1本塁打のデュアン・カイパー氏(元インディアンスなど)などが挙げられる。しかし彼らはともにマイナー時代に本塁打を記録している。それを考慮すると、ゴアのホームランはアメリカの野球史上、貴重なホームランになると、同サイトは伝えている。

最終更新:6/11(日) 15:36
ISM

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/25(火) 7:00