ここから本文です

ハリルジャパン、13日にイラク戦…○か△でプレーオフ確定

6/11(日) 23:07配信

スポーツ報知

◆2018年ロシアW杯アジア最終予選B組 イラク―日本(13日、イラン・テヘラン・パススタジアム)

【写真】練習会場に入る本田

 日本代表は13日、中立地のテヘラン(イラン)でイラクとアウェー戦を行う。引き分け以上で3位以内が確定し、プレーオフ出場がまず決定する。

 アジア地区最終予選ではA・B組の上位2チーム、計4チームがW杯切符を獲得。各組3位がホーム&アウェー戦で大陸間プレーオフ出場権を争う。

 日本は勝ち点16。4位UAE(13日、対タイ)は勝ち点7で9差。両チームとも残り3試合。「日本●かつUAE○」で6差に縮まる場合以外は3位以内が確定する。

 日本のW杯出場が決まる可能性があるのは8月31日のオーストラリア戦(埼玉)。イラク戦で勝つか引き分けて勝ち点を上積みし、3位・オーストラリアとの直接対決で勝てば、残り1戦で勝ち点4以上の差がつく。

最終更新:6/11(日) 23:10
スポーツ報知