ここから本文です

【ソフトバンク】交流戦首位も暗雲 デスパイネ、右太もも裏肉離れで登録抹消 

6/12(月) 7:04配信

スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 ソフトバンク5―2阪神(11日・福岡ヤフオクドーム)

 ソフトバンクは6カード連続の勝ち越しを決め、貯金を今季最多17としたが、手放しでは喜べない白星だった。デスパイネが負傷交代し、12日に登録抹消が決定。交流戦中の復帰は絶望となった。「とにかく、いるメンバーでやるしかない。みんなの力で頑張れるよう、やっていきます」。工藤監督は前向きに振る舞ったが、内川に続きチームから4、5番が消えた。

 悲劇に見舞われたのは3回だ。1死一、二塁で松田が右中間フェンス直撃の二塁打を放った。二塁走者・デスパイネは三塁を回った後、顔をしかめた。右太もも裏の肉離れ。5回に代打・ジェンセンを送られ、無言で球場を後にした。

 前日10日にファウルを右手中指に当て骨折した高谷が登録抹消。頸椎(けいつい)捻挫で離脱中の内川が東京遠征に帯同しないことも決まった。和田、武田、千賀も離脱中とチームは“野戦病院”と化している。オリックスと並び再び交流戦首位に立ったが、交流戦初の“3連覇”へ暗雲が垂れ込めてきた。(戸田 和彦)

最終更新:6/22(木) 15:22
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 23:25